現在地

独自の貴重な技術資産

 都市や交通等を対象としたIBS独自の解析・計画支援システム、情報ストックを活用するとともに、そのノウハウの普及・啓発活動等も行っています。