現在地

情報ストック

 IBSでは、都市交通調査データ、道路交通センサスデータの他、各種社会経済データなど多くのデータを保有・管理しており、体系的にデータベース化されています。

<主要な保有・管理データ>

  • パーソントリップ調査データ(東京、仙台、宇都宮、西遠、沖縄の各都市圏、全国PT)
  • 道路交通センサスデータ(起終点調査)
  • 大規模開発原単位データベース
  • 道路、公共交通ネットワークデータ(東京、仙台、宇都宮、沖縄の各都市圏)
  • 全国及び主要都市のプローブカーデータ及び渋滞損失関連データ
  • 全国の高速バスロケ関連データ
  • 渋滞モニタリング区間、新渋滞モニタリング区間に関するデータベース
  • 海外の交通、計画制度、技術情報
  • 海外の市民参画制度の各種情報ストック
  • 全国及び東アジアにおける大気汚染物質排出量データ(3次メッシュデータ)
  • 走行特性を考慮した排出係数、及び走行時計測データ
  • 環境共生都市づくりに関する施策事例データ
  • 交通結節点整備に関する施策事例データ
  • バスを中心とした公共交通導入に関する施策事例データ
  • メッシュデータ(国勢調査、事業所・企業統計調査、工業統計、商業統計)
  • メッシュデータ(道路面積、建築面積、延べ床面積)

 また、資料室には、井上文庫をはじめとして、約12,000冊の国内外の都市計画、交通計画に関する貴重な書籍、資料を所有しています。