現在地

平成30年度 研究職職員募集(新卒者採用)

IBSは50年の歴史を持つ先駆的な調査研究機関です。
若い皆さんの意欲とアイデアを重ね、新たな時代の
社会づくりに取り組んでいきたいと考えます。

一般財団法人計量計画研究所(IBS)は2014年に創立50周年を迎えました。
1960年代、高度成長期をむかえた我が国において、公共投資の最適配分をいかにして行うかに苦慮していた時代に“科学的計画”を担うユニークな研究機関として発足して以来、都市交通計画、都市計画、経済等の政策分野において、常に先駆的調査研究、政策立案の支援に携わってきました。
超高齢化と人口減少、低炭素社会と防災・安全安心社会に向けた政策の転換期の中で、従来の計画手法、制度・支援措置等の見直し、再構築が求められています。
50年にわたるIBSの技術資産、国レベルと自治体・現場レベル、大学をはじめとする有識者とのネットワークの上に、若いみなさんの意欲とアイデアを重ねていき、時代を見通した専門家集団として新しい地域社会づくりに取り組んでいきましょう。

計画技術開発・政策提言のリーディング(トップ)ランナーをめざします

政策を担当する国、地方自治体、民間にロングタームで取り組むテーマを働きかけ、他のシンクタンク、コンサルタントに先駆け、転換期における政策ビジョン、実現化方策を提案する調査研究機関をめざします。

自立した人材を育み、最先端の調査研究ができる専門家集団をめざします

個の専門性、自主性、社会性を高めながらキャリア形成を育むとともに、創造性と先駆性、実効性と現実性のもとに、総合的な調査研究能力を発揮できる組織づくりをめざします。

● 幅広い視野から専門的技術を習得し、その実践的活用を希望する人
● 自主闊達な発想をもちながら、同時に対話型のチームワークを大切にする人
                       をIBSは求めています。

2018年4月の研究職職員(新卒者)募集は、以下の通り、実施予定です。

<選考の流れ>

1. エントリー:エントリーページから登録(エントリーは締め切りました)
  ※説明会出席希望者は、3月24日までに登録してください。
  ※3月24日まで研究所訪問を受け付けております。

2. 説明会:4月6日(木)、4月13日(木)の2回実施
(出席してもらう日は出席希望者に、個別に連絡します)

3. 選考試験への応募:5月12日(金)までに郵送またはメールで提出
  ※エントリーしていなくとも、また、説明会に出なくとも、応募は可能

4. 書類選考:書類選考合格者へは5月26日(金)迄に選考試験日をメールまたは電話で連絡

5. 選考試験: 6月2日(金)

6. 役員面接:6月8日(木)

7. 内定:10月2日(月)予定

募集条件や選考試験の応募方法などについては、募集要項をご覧ください。

リクルートパンフレット2018(PDF版)