現在地

社会基盤計画研究室

 本研究室は、道路交通センサスやパーソントリップ調査などの大規模交通統計調査の調査計画とデータ分析による政策立案、プローブパーソン調査(PP調査)等の動線データを活用した交通実態分析、科学的なデータ分析に基づく各種政策モニタリング等、様々な技術開発やその実践を進めています。近年では、携帯電話等から得られるビッグデータを活用した人の流れの可視化に関する研究や、ITSデータを活用した新たな道路交通情報の提供に関する研究、モビリティ・マネジメントの実践と普及に関する調査研究など、今日的な経済社会情勢を反映した幅広い調査や研究に取り組んでいます。

主な研究活動

1. 都市交通戦略の策定及び政策立案を支える要素技術開発に関する研究

 総合的な都市交通政策の提案を地域と連携して進めるとともに、時代のニーズや課題に迅速に対応した政策立案のための要素技術として、例えば交通調査技術、需要予測技術、計画立案に関連する技術についての研究活動を進めています。また、先進諸国におけるマスタープランを支える制度や財政、計画プロセス、調査技術や予測技術についても数多くの調査実績を蓄積し、最新の情報や知見、教訓についての数多くのノウハウを有しています。

2. 科学的なデータ分析に基づく各種政策モニタリングに関する研究

 プローブカー等の移動体観測技術や交通系ICデータを活用した各種政策モニタリングのための指標に関する基礎研究、その活用に関する実践的な研究、さらには政府や地域への提案ならびに実用化を推進しています。渋滞対策や交通安全、環境など様々な分野に対する質の高いコンサルティングを提供し、施策実施後の効果計測のあり方に関する提案を行っています。

3. 動線データを活用した人や車の移動の可視化技術に関する研究

 ITSスポットから得られるプローブ情報に加え、携帯電話のデータやスマホアプリによるプローブパーソン調査(PP調査)の活用に関する研究を進めるとともに、これら動線データを活用した人や車の移動の可視化技術に関する研究を推進しています。また、先進諸国におけるITSデータの実態、ITSデータを活用した新しい交通サービスやビジネスモデルに関する数多くの知見、教訓を有しています。

4. ヒヤリハットデータを活用した予防安全に関する研究

 これまでの交通事故対策は、まれに発生する交通事故およびその統計データにより検討されてきましたが、今後は、顕在化している交通事故への対策に加え、「予防」の観点が重要です。車両挙動データから得られる急減速挙動(急ブレーキなどのヒヤリハットデータ)と交通事故には強い相関があり、カーナビや物流車両のデジタルタコグラフ等から収集したプローブデータによる急減速多発箇所の特定など、予防安全の実現に向けた調査研究活動を行っています。

5. モビリティ・マネジメントに実践および普及に関する研究

 モビリティ・マネジメントを普及浸透していく上での、調査技術、コミュニケーション技術、計測や評価技術など、高度かつ質の高い研究を進めており、また、これらに関連するガイドラインや教育プログラムについての研究を推進しています。

主な研究テーマ

  • 交通ビジョンの策定及びビジョンの要素技術の開発に関する研究
  • 大規模交通統計調査の調査計画とデータ活用(道路交通センサス、パーソントリップ調査等)
  • 移動体観測(プローブカー、プローブパーソン等)およびデータ活用に関する研究
  • 動線データの活用に関する研究(携帯電話、交通系ICカード他)
  • ヒヤリハットデータ(車両挙動データ)を活用した予防安全に関する研究
  • プローブ情報を活用した高速道路上の走行経路の特定に関する研究
  • 交通シミュレーションを活用した都心部交通戦略評価や交通円滑化対策の評価
  • 低炭素型社会に資する環境対応車の活用と普及に関する研究
  • モビリティ・マネジメントに関する研究
  • BRT(Bus Rapid Transit)のあり方に関する研究

社会貢献活動

1. 交通計画の基礎技術に関する普及啓蒙活動

 交通計画の基礎的な技術について、本研究室が主体となり、セミナーや講習会などの活動を行っています。これまで、モビリティ・マネジメント技術講習会、移動体観測技術に関する高度情報セミナーやIT交通データ報告会等を開催しております。

2. 学会などの活動

 研究室では、土木学会や交通工学研究会などの委員会活動にも積極的に貢献しています。(過去数年間の活動含めて以下に記載します)

  • 土木計画学研究委員会(土木と学校教育フォーラム、交通関連ビッグデータの社会への実装研究小委員会、土木計画のための態度・行動変容小委員会、社会基盤の政策マネジメント研究小委員会、規制緩和後におけるバスサービスに関する研究小委員会、交通需要予測技術検討小委員会、休日・観光交通小委員会)
  • 交通工学研究会(交通工学ハンドブック、自主研究委員会、交通まちづくり委員会、EST 委員会)
  • 日本モビリティ・マネジメント会議(JCOMM)実行委員会
  • 日本都市計画学会(情報委員会)

3. 出版活動

 本研究室のメンバーが、近年の出版物の執筆に参画しています。

代表プロジェクト

  • 次期道路交通センサスに関する検討
  • ICTを利用した自動車起終点データ等の把握手法に関する業務
  • プローブデータの交通安全対策活用検討
  • ITSスポットを活用した走行経路確認に関する検討
  • 長期利用モニタを通じたITSスポットサービスの利用者意識等調査
  • 動線データの組合せ分析に関するデータ要件等の整理
  • 道路交通への路上工事による影響に関する検討
  • 高速道路料金施策の効果検証
  • 都市交通ビジネス検討のための欧米主要都市の都市交通政策調査
  • TDM(交通需要マネジメント)施策推進業務