現在地

IBSの事業分野

IBSは、都市、交通、経済、環境などの分野における
政策決定、計画立案に役立つ調査研究活動を実施している研究所です。
公共団体からの受託業務を中心とした調査研究活動と、
公益活動を行っています。

【分野】 都市・地域計画、交通、社会基盤、産業・経済、環境等
【主なクライアント】
    公的機関:国土交通省、環境省、経済産業省、内閣府 地方自治体(都県、市)、UR
    民間企業:デベロッパー、自動車会社、高速道路会社、鉄道会社 他

都市・地域計画研究室

複雑・多様化する諸問題に総合的に対応した持続可能な都市・地域づくりを支援するために、最新の計画理論、高度な計量的分析手法、プロセスデザイン技術等を融合させた実践的な調査研究に取り組んでいます。

社会基盤計画研究室

ICカードデータやプローブパーソン調査等の動線データによる分析手法の開発、携帯電話等から得られるビッグデータを活用した人の流れの可視化やITSデータに基づく予防安全に関する研究等、今日的な課題を反映した調査研究に取り組んでいます。

都市交通研究室

人口減少や少子高齢化、環境問題等の今日的な課題に対応しつつ、豊かな生活の実現を支援するために、広域都市圏からコミュニティまでの多様な空間スケールにおいて都市交通に関する施策の展開に向けた理論的・実践的な調査研究に取り組んでいます。

道路・経済社会研究室

社会資本整備の経済効果、事業評価に関する調査研究を中心に、国内・国外の社会資本整備計画・制度、料金政策、物流政策等、効率的なインフラの整備と有効活用に向けた調査研究に取り組んでいます。

環境・資源研究室

沿道大気等の局所的な問題から地球規模の環境問題まで、幅広いテーマの調査研究を行っています。特に、低炭素まちづくり等の今日的なテーマについては、個々の能力を最大限発揮して絶えず新たな試みに挑戦しています。

情報システム研究室

数値解析・グラフ解析等の計算技術やGIS・DB等の情報技術に基づいて、ビッグデータを活用した分析、様々な数理モデルを適用した予測・推計、交通統計調査等に係わるデータ解析やシステム開発に取り組んでいます。

東北研究室

仙台を中心に、地域に根ざし、土地利用、交通、地域振興、環境の各分野を対象とした調査、分析、計画立案等の業務を行うとともに、大学等と連携し、政策評価ツールの開発に取り組んでいます。